スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EZノッターとノットアシストを買ってみた。

_IGP0273.jpg

ギアラボ EZノッターS

Gear-Lab(ギアラボ) EZノッター
Gear-Lab(ギアラボ) EZノッター



こっちがアルミバージョンの高い奴で

Gear-Lab(ギアラボ) EZノッター
Gear-Lab(ギアラボ) EZノッター



こっちがプラスティックの安い方です。

_IGP0278.jpg

第一精巧 ノットアシスト

第一精工 ノットアシスト
第一精工 ノットアシスト





を買ってみた。
_IGP0281.jpg

実は写真で見ると小さく見えますが結構デカイ。
全長=250mm 中央ボビン径=26mm H=34mm 端側ボビン径=21mm H=26mm
だけあります。

_IGP0282.jpg

私の購入したのはプラスティックになりやすくなったversionですが、そこまでチープな品層はしていません

上の写真は中央のボビンです。

_IGP0283.jpg

使用中手前側に来る方のボビン。

_IGP0284.jpg

使用中奥側に来る方のボビン

こうしてみるとカッコいいですよね。

構造はいたってシンプルです

_IGP0286.jpg

_IGP0280.jpg


_IGP0287.jpg

DVDが付属するのと取説が印刷されています。

携帯性は折りたためば小さくなるんですが、結構場所は取ります



この動画じゃ女子高生が2分33秒でやってますけど、
買ったばかりの人には100%無理っすw


絶対彼女相当な手馴れですよ??、むしろ達人! いや、職人?? FGノットの匠っす



で、ビデオを1,2回見て、商品が届いたその日にウル覚えのまま現場で使用したアホな私。。。。
まぁ、使えるわけがありませんw


結局、指に巻いてやりましたwwww買った意味ねーーーー。

で、その時に役立ったのが
第一精巧 ノットアシストでした。
現在は、EZノッターに似た『ノットアシスト2』が発売されています。

この商品は実にシンプル

_IGP0288.jpg

巻きつけて、Oリングで止めるだけ。

_IGP0279.jpg

ヒラメハンターの堀田さんとほぼ同じやり方で歯でかまずに出来ます。



その動画は上のですのでご参考まで。
結局、EZノッターと同じ原理原則なんですけどね^^



メーカーはこういう使い方を推奨しているようだけど、




これより、他の商品だけど、こうやってライジャケかバッグにつけといてそこに固定して使った方が使いやすっすよ。

昌栄 システムスティック
昌栄 システムスティック






最後にEZノッターで、PE0.4号とリーダー1.5号で5回位練習して出来たのがこれ。。。。。


_IGP0302.jpg

ヒ、酷い。。。。

まだまだ練習します。
Easyじゃないぜ――――w
あと、SSをかっときゃよかった―。細糸にはテンションが少し強すぎて緩めないとダメなので。

追記:
50回位練習してみての感想ですが、

エギングで1.7号以下のリーダーを使うなら大人しくSSを買っておいたほうが良いです。
筆者みたく、ヒラメにも使いたい、イカにも使いたいって
欲張って大きめのサイズを購入すると針金のテンション調節が面倒だったりと失敗します。
リーダーが切れちゃったり、変な団子になったりします。
大事なのは最初の編み込みで動画に有るように必ず左に結び目が来るようにしないと
失敗します。
どうしてもSで細糸を使いたいなら、必要最小限だけPEにテンションが掛かるようにセットする。
5回位はかなり慎重に編み込みそっからは勢いよく行っても大丈夫。
リーダーの破線でハーフヒッチで仮止めの時にがっつり締めるとリーダーが切れますんでご注意を。
摩擦熱対策でローションやらリップやらご使用するとちょっと違うはずです。
大事なんでおためしあれ。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新太郎

Author:新太郎
釣りをしてなかったらできなかっただろう経験ができました。
新婚のため、かみさんの怒りに触れぬよう、ほのぼのと釣りしてます。
アブの最大魚は58.6cm、ソイは46cmということで夢のロクマルに出会ってみたいですがなかなか会えてません。
ただ、最近根魚に対する熱意よりもイカに対する熱意が燃えています。。。。
喰う分以外は逃がす、そして持って帰った魚は美味しく料理してやるのが供養だと思い腕によりをかけて料理しております。たまに料理記事がでるのはそのためです。
大した内容のないblogですがお付き合いいただけると幸いです。

シマノ(SHIMANO) 07’ ステラ 2500S




メガバス(Megabass) XORシルバーシャドウ SSR-66L




ダイワ(Daiwa) TD ジリオン 100SH



メガバス(Megabass) デストロイヤー THP F5-68X THP



メガバス(Megabass) 礁楽 WarRock SL-68MLC




シマノ(SHIMANO) アンタレスDC7(右)




シマノ(SHIMANO) 05’ツインパワー 2500S A-RB




カーメイト(CAR MATE) 10ロッドホルダーH ZR303




ダイワ(Daiwa) アルファス 103L R-エディション




メガバス(Megabass) OROCHI PEAK PERFORMANCE F4-69DG






デプス(Deps) STRUGGLE ARTS FxxK-86 サムライニンジャハラキリフジヤマ
デプス(Deps) STRUGGLE ARTS FxxK-86 サムライニンジャハラキリフジヤマ










FC2カウンター
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

北海道-小樽
提供:釣り情報フィッシングラボ

リンク
ザ・ノースフェイス特集 ロックフィッシュ特集
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。