Goture(ゴチュール) 180 LEDs 水中集魚灯フィッシングライト ブルー改造編

バッテリーを持ち運ぶ上で一番怖いのは、バッテリーが倒れて中の希硫酸が漏れ出すことですよね。

あとは+と−端子が接触して火事も怖い。。。。
それは

どうする

箱に入れよう!


今回購入したのは、アイリスオオヤマのバックルコンテナ BL-21


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ バックルコンテナ BL-21 クリア
価格:1128円(税込、送料別) (2017/6/8時点)




で、固定にしようしたものは


こんな金具で



ドリルで穴を開けて、ボルトで止めました。
ただ、このU字の固定具の穴がデカすぎてグラグラしてますので後ほど調整予定です。

ひとまず蓋を閉めれば濡れることは無くなりました。

続きましての課題はコードが短いうえ、調光できない。
を修正すべく改造します。

では、どういたしましょうか?



Amazonで色々買って見ました。



まずば調光器



そして、電工ペンチと



バッテリーターミナルと。



10mのケーブルと。



6mのケーブルと。



最大10Aのヒューズボックスと。5アンペアのヒューズ。



物干し竿を引っ掛けるやつに。



濡れたコードが万が一バッテリーに接触するといけないのでコンテナボックスの中に入れる箱。
この中にライトを入れておけば、使用後でも問題なし。




ってなわけで、回路図はかけませんが改造!




ヒューズをプラスに繋いで。続いて調光器へ。
最安値では無いグレードが少し高めなものを買ったので質感はgood!
だけど、オフのところに回すとライトは消えるけど、常時1Vは流れているようです。
あとで、オフスイッチわ買ってきて常時繋ぎっぱなしにできるようにします。












最後にバッテリーを繋ぐと!










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新太郎

Author:新太郎
釣りをしてなかったらできなかっただろう経験ができました。
新婚のため、かみさんの怒りに触れぬよう、ほのぼのと釣りしてます。
アブの最大魚は58.6cm、ソイは46cmということで夢のロクマルに出会ってみたいですがなかなか会えてません。
ただ、最近根魚に対する熱意よりもイカに対する熱意が燃えています。。。。
喰う分以外は逃がす、そして持って帰った魚は美味しく料理してやるのが供養だと思い腕によりをかけて料理しております。たまに料理記事がでるのはそのためです。
大した内容のないblogですがお付き合いいただけると幸いです。

シマノ(SHIMANO) 07’ ステラ 2500S




メガバス(Megabass) XORシルバーシャドウ SSR-66L




ダイワ(Daiwa) TD ジリオン 100SH



メガバス(Megabass) デストロイヤー THP F5-68X THP



メガバス(Megabass) 礁楽 WarRock SL-68MLC




シマノ(SHIMANO) アンタレスDC7(右)




シマノ(SHIMANO) 05’ツインパワー 2500S A-RB




カーメイト(CAR MATE) 10ロッドホルダーH ZR303




ダイワ(Daiwa) アルファス 103L R-エディション




メガバス(Megabass) OROCHI PEAK PERFORMANCE F4-69DG






デプス(Deps) STRUGGLE ARTS FxxK-86 サムライニンジャハラキリフジヤマ
デプス(Deps) STRUGGLE ARTS FxxK-86 サムライニンジャハラキリフジヤマ










FC2カウンター
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

北海道-小樽
提供:釣り情報フィッシングラボ

リンク
ザ・ノースフェイス特集 ロックフィッシュ特集
RSSフィード